鍵を紛失してしまったらどうする│もしもの防犯

防犯に重要な出入り口

扉

痛みは放置しないこと

自宅のセキュリティが気になるのなら、まずは出入り口として一番多く利用しているドアを確かめてみましょう。もしも、そのドアに痛みがあるというのならば、早めに修理をおこなったほうが良いでしょう。ドアの痛みをそのままにしておいては、泥棒に利用される可能性があるからです。防犯対策をしっかりしていると泥棒に示すためにも、ドアは完璧な状態に保つようにしましょう。壊れたドアの修理をお願いしたいなら、工務店やリフォーム会社に頼むと良いです。もしも、頼むべきところが分からないなら、ドアを販売しているホームセンターなどのお店での相談をオススメします。そのようなお店ならばドアを販売したときに、取り付けを頼む工務店やリフォーム会社との繋がりがあるため、紹介してくれるでしょう。

交換も視野に

工務店やリフォーム会社に頼めば修理だけではなく、ドアを丸ごと新品に交換もしてもらえます。家の外観の印象を決める上でドアは重要な要素なので、素敵な家に住みたいならデザインが優れた製品への交換も考えましょう。もちろん、その場合は防犯のために、セキュリティが万全の製品を選ばなくてはいけません。そして、ドアのシリンダーが突然壊れて自宅に入れなくなっている場合は、鍵屋さんに修理をお願いすることもできます。ただし、修理ではなく、シリンダーの交換になるかもしれませんので、鍵屋さんに説明を聞くようにしましょう。なお、一般的に鍵屋さんでは二十四時間対応してくれるところが多いので、夜中でも安心して修理の依頼ができます。