鍵を紛失してしまったらどうする│もしもの防犯

新しい鍵で防犯対策

ドア

鍵は古くなってくると簡単にロックがはずれてしまう事があり注意が必要です。古くなってしまうと、鍵をロックしている金属部分が経年変化によってもろくなってしまうことがあります。また古い鍵はロックやアンロックを繰り返している事で、ロックをするために押さえの役割を担っている金属パーツが次第にボロボロになってしまったり、鍵内部に錆が発生してしまう事があります。防犯対策のために備わっている鍵にもかかわらず、鍵が古かったために防犯性能が低下してしまっては良くありません。鍵交換を行って万が一のトラブルから身を守るためにも防犯対策を行う事が大切で、気がついた時にでも鍵交換を行うと良いでしょう。あまり頻繁に交換するものでもないため、古くなってきたら鍵交換の用意をして、考慮しておきましょう。

鍵にも様々なタイプの防犯鍵が販売されるようになりました。鍵を取り付けるときには新しい鍵交換を行って対応をしましょう。例えばドアノブに付属している鍵交換を行うときには、ドアノブの形状やドアのスタイルに合わせて新しい鍵を設置する事ができます。様々な種類のノブと鍵の形状の中から好みで選ぶ事ができます。鍵の形状としては、ツーロックを行う事ができる種類のノブ製品も販売されており、ツーロックは防犯性能が高い事が特徴です。最近ではシングルロックの鍵を壊して住宅内へ侵入する被害が増えてきているため、ツーロックを活用して防犯対策をする家庭も増えてきています。空き巣などの泥棒対策以外にも、ストーカーなどの被害から身を守るためにもツーロックなどの防犯鍵を活用して、日常から防犯対策を整えておくことが大切です。